2017年02月24日

任意保険をネット通販型に変える

nini_hoken01.jpg

ディーラーから任意保険に関する電話があったが、
28,300円だった保険料が、同条件で45,000円超になると知らされビックリ!

跳ね上がった要因は ミレーニアの車両料率クラスが上昇したそうだけど 極端だよね。

やはりミレーニアも低年式化して、、オーナーの皆さんも高級車を所有してる意識が薄れ、
ラフに扱い出したのだろうかと思ってしまった。
マツダのスタイリッシュな名車なので、お互いにもっと丁寧な運転をしましょう!😉

色々考えて、ディーラー店頭での保険契約はこれにて終結として
パソコンでネット契約する通販型の保険を選択した。
保険会社は三井ダイレクト。
保険内容はこれまでの内容を踏襲したもので 保険料は今までと大して変わらずに済ませる事が出来た。

nini_hoken02.jpg

保険証券は要か不要か選ぶ事が出来る。
職場で保険証券のコピーが必要となる私は 保険証券を郵送で送ってもらった。
+500円だが やはり有った方が良いように思う。

posted by khimyu at 11:37| Comment(0) | ミレーニア徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

走行距離・77777q到達!

77777_1.jpg

仕事帰りの運転中に 愛車の走行距離が77,777qに達したのでパチリ!

77777_2.jpg

77777_3.jpg

「ええ しっかり写真に収めようと メーター見ながら待ち構えてましたから...(笑)」 
posted by khimyu at 14:24| Comment(0) | ミレーニア徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

ジーライオンミュージアム(大阪のクラシックカー博物館)を訪ねて

glion01.jpg

大阪に クラシックカー博物館が新たに出来たと聞き、早速行ってきた。

glion08.jpg

glion02.jpg

場所は大阪の湾岸エリア 大阪港に位置し 海遊館に近い所。
大正12年に建てられたというレトロな雰囲気の赤煉瓦造りの倉庫に
世界中のクラシックカーが展示されていている。

glion09.jpg

その名称は「GLION MUSEUM(ジーライオンミュージアム)」。
入場料が、大人1,500円、小学生500円
入場料を払うと、大人1人分につき500円分のトークン(メダル)1枚が貰える。
このトークン(メダル)は、館内で使えるが それについては後述。

glion03.jpg

glion04.jpg

赤煉瓦造りの倉庫街は敷地面積も広く 3000坪。

glion05.jpg

煉瓦倉庫街というロケーションも相まって雰囲気は抜群。

glion06.jpg

無造作に(車をさも自然に停めているように)クラシックカーが展示されている所がニクイ...。

glion07.jpg

個人的には 大阪のこのエリアは 戦後埋め立てされた地区という固定観念があり
これ程までに 年季のある赤煉瓦建築が残され それが最近まで見落とされているのが意外だった。
(これが神戸だったら すぐ観光資源にしがち(^^))

glion10.jpg

屋外展示だけでなく 赤煉瓦の建物内にミュージアムは4棟あり
それは4つのヴィンテージゾーンに分かれている。
  ・ジーライオン ミュージアム
  ・ジーライオン ショールーム
  ・ジーライオン ステーキハウス(ハワイの名門ステーキハウスの姉妹店)
  ・ジーライオン カフェ

glion11.jpg

glion12.jpg

glion13.jpg

glion14.jpg

ニューヨークとロンドンの裏路地風を再現するため 館内の照明は暗くなっており、
スポットライトが当たったクラシックカーがズラリ展示されている様は もう雰囲気充分。

glion15.jpg

glion16.jpg

ここに展示されているクラシックカーは、普段私達がなかなか見ることが出来ない
貴重で格好良い車ばかりが厳選されていた。

glion18.jpg

写真撮影も可で 写真のお勧め撮影スポットも床に記してある。

glion17.jpg

glion28.jpg

glion33.jpg

車種で云えば フォードのTモデルから ベンツ ロールスロイス、ジャガー
アルファロメオ、フェラーリなどの有名外国車から
トヨタ2000GT スカG コスモスポーツ、ギャランGTO セリカGTなどのヴィンテージ国産車が
所狭しと並んでいた。

展示物を見るだけでなく、実際に触れ、爆音を響かせて走行もさせて貰えるので、
クルマ好きにはたまらない!。

glion31.jpg

またここが凄いのは、一部の車だけだが「往年の名車を動く状態」で販売もしている点で
商談をしている風景もちらほら垣間見えた。
※展示販売エリア(ジーライオン ショールーム)に関しては 写真撮影は禁止。
 また外に並んでいる車でも 「NO PHOTO」と記されている車も一部にあり。

glion32.jpg

入場料は大人1,500円で 最初は正直ちょっと高いと感じたが 
500円トークン(メダル)が渡され
それで ヴィンテージカーに乗った姿を写真撮影して貰えるし 
写真に興味がなければ カーグッズの購入(上写真参照)や、カフェの会計にも使えるので 
車ヲタクの私には それほど高いと感じなかった。


【 ジーライオンミュージアムを 動画でもどうぞ! 】

昔のアルファスパイダーとか欲しくなってきたネ(笑)

glion27.jpg

しかも こういう場所に来ると いつまでも観てるから 
「一人で来るに限るわー」と心底思った(上写真は私(^^;))

glion20.jpg

もちろん館内には ショップも併設され
沢山の自動車道楽を満たすグッズも販売されている。

glion21.jpg

glion29.jpg

glion30.jpg

品揃えもマニアックだが 輸入キーホルダーとかシフトノブがあっても良かった(^^)。

glion24.jpg

さらにステーキハウスやカフェなども併設されているが 
私は見学の最後に「カフェ1923」に入って カプチーノを飲んだ。

glion26.jpg

glion25.jpg

店名の1923とは この赤煉瓦建築が出来た年のことで 
カフェの店内は カーミュージアム併設店らしい雰囲気が好ましく お勧め。

glion23.jpg

近くには、海遊館や大観覧車、IKEAもあり、ファミリーでもデートでも楽しめる。
(公共交通機関でのアクセスは 大阪市地下鉄/中央線・大阪港で降りて南に徒歩5分)








posted by khimyu at 14:32| Comment(0) | ミレーニア徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする